特定非営利活動法人 肺がんCT検診認定機構
 HOME > 認定技師認定更新の手順
HOME SiteMap
認定技師認定更新の手順
認定技師の認定更新について
 ご自身の認定期間をご確認の上、認定の更新期間(認定終了前の半年間)に該当する方は、本ホームページに掲示してある肺がんCT検診認定技師の更新条件に準拠して更新をなさってください。
なお、更新講習会は認定終了の1年前から受講可能です。

※注意: 2020年度より肺がんCT検診認定技師の更新講習会は医師認定講習会と合同開催となり、更新の手順が変わります。更新講習会、異常所見検出トレーニング受講後に、別途認定更新申請をしていただく必要があります。ご注意ください。

認定技師更新申請受付期間

2022年5月10日―6月10日(6月審査)
申請受付対象者:
@2022年9月30日認定有効期限者(第1回更新申請受付)
A保留申請者

2022年8月10日―9月10日(9月審査)
申請受付対象者:
@2022年9月30日認定有効期限者(第2回更新申請受付)
A保留申請者

2022年11月10日―12月10日(12月審査予定)
申請受付対象者:
@2023年3月31日認定有効期限者(第1回更新申請受付)
A保留申請者

2023年2月10日―3月10日(3月審査予定)
申請受付対象者:
@2023年3月31日認定有効期限者(第2回更新申請受付)
A保留申請者


具体的作業
1. 認定更新申請に必要な書類を準備する
1) 肺がんCT検診認定技師更新講習会参加証
2) 単位として認定された学会参加証
3) 単位として認定された研究会、セミナー等の参加証
4) 学術論文は1頁目のコピー
5) 学会発表は学会名が分かる頁とプログラムの当該頁
6) 肺がんCT検診に関するレポート
※ 1)は必須、2)〜6)は合計25単位以上必要。
2. 認定更新料9,000円を振り込む
指定の口座に認定更新料をお振込下さい。
【振込先】
郵便振替口座 00180-4-603096
特定非営利活動法人肺がんCT検診認定機構
((トクヒ)ハイガンシーティーケンシンニンテイキコウ)
(他金融機関からの振込の場合)
ゆうちょ銀行 〇一九(019)店 当座 0603096
3. 機構ホームページから更新申請を行う
 Web講習会が終了後、更新申請フォームがアクティブになります。また今後の更新申請は以下の期間のみとなります。

対象1:認定期限が3月31日までの方

@ 認定期間終了前年の11月10日 〜 12月10日(12月審査となります)
 あるいは
A 認定期間終了同年の2月10日 〜 3月10日(3月審査となります)

対象2:認定期限が9月30日までの方

B 認定期間終了同年の5月10日 〜 6月10日(6月審査)
 あるいは
C 認定期間終了同年の8月10日 〜 9月10日(9月審査)

注意:認定終了日の違いにより更新申請時期は2通りとなります。認定終了前の半年の間に、上記の2回の更新申請期間の内のいずれかで更新申請をお済ませください。
認定期間終了前年とは、例として2021年3月31日認定終了の場合に、前年の2020年を意味し、また認定期間終了同年とは例として2021年9月30日終了の場合に、同年の2021年を意味します。
5月13日(木)18:00〜5月14日(金)10:00はサーバーメンテナンスのためご利用いただけません。
4. 認定更新審査(書類審査)
書類審査は1か月程度を要する場合がございます。
5. 更新された認定証の発送
審査が終わり次第、順次発送いたします。
更新申請から認定証発送までは、1か月〜2か月程度を要します。
更新後の認定開始日までに認定証を必要とされる方は、お早目に申請をお願いたします。

問合せ先は機構事務局まで
認定期間別の講習会開催予定一覧はこちら
更新単位となる団体リスト一覧はこちら

一つ前のページへ戻る
このページの先頭へ
HOMEへ戻る
Copyright(C) 肺がんCT検診認定機構 All rights reserved.