特定非営利活動法人 肺がんCT検診認定機構
 HOME > 更新条件
HOME SiteMap
肺がんCT検診認定技師の更新条件
1. 肺がんCT検診認定技師の認定期間は5年間とする。
2. 肺がんCT検診認定技師の能力を維持・向上させるために、認定の更新を行う。
3. 更新を行うためには、認定後5年目にNPO法人肺がんCT検診認定機構(以下、本機構)主催の更新講習会の受講を必要とする。(更新講習会案内および開催予定はこちら)
4. 更新申請までに、下記に定める学会、セミナー、研究会等への参加および肺がんCT検診に関するレポート提出による単位数の取得(合計25単位以上)を必要とする。
5. 本機構が課す技師用異常所見検出トレーニング(Web上)を実施し、結果を提出する。
6. 出産、育児休暇、病気休暇等のやむを得ない理由で更新が困難である場合には、最長2年間の保留期間を認める。保留期間中は肺がんCT検診認定技師を呼称することはできない。保留を希望する者は、所定の理由書(Word)を本機構事務局に提出する。
希望者は、機構事務局までご連絡ください。
7. 本機構は、更新対象者に更新手続き等の案内を通知する。

  更新申請に必要な単位数  計25単位以上

日本CT検診学会が主催する学術集会、セミナーへの参加、及びこれらの集会でのCT検査に関する研究発表 7単位 (参加者)
9単位 (演者)
日本放射線技術学会が主催する学術大会(地方部会も可)、CTに関する研究会、セミナー等への参加、及びこれらの集会でのCTに関する研究発表 5単位 (参加者)
7単位 (演者)
日本診療放射線技師会が主催する学術大会(地方会も可)、CTに関する研究会、セミナー等への参加、およびこれらの集会でのCTに関する研究発表 5単位 (参加者)
7単位 (演者)
低線量肺がんCT検診、CT検査(装置を含む)に関する関連学会誌への論文掲載(原著、資料、ノートなど) 12単位 (筆頭者)
7単位 (筆頭者以外)
肺がんCT検診認定機構が定めた単位認定対象となる講習会への参加 10単位
その他、単位認定対象※1とする研究会、セミナー、講演会への参加、および研究発表 5単位 (参加者)
7単位 (演者)
肺がんCT検診に関するレポート 5単位 (提出者)
講習会等への参加証のコピー、論文の別刷または コピーなどの単位の取得を証明する書類を必ず保管しておくこと 合計=25単位以上
※1 各人が参加した研究会、セミナーが単位認定対象となるか否かの問い合わせは肺がんCT検診機構事務局宛にメールにお送り下さい。
※2 更新申請時に、肺がんCT検診に関するレポート(1000文字程度)を提出した者には5単位を付与する。
テーマは肺がんCT検診に関する内容であれば自由ですが、以下に例を示します。
@ 被ばくの最適化(画質・線量)への取り組みについて
A 施設における線量管理、被ばく管理について
B 施設におけるCT検査の被ばく低減への試み
C 施設での異常所見検出方法について
D 認定技師と認定医との関わりについて
E 更新までの5年間の施設での様々なCT検診に関わる取り組み


例として: 2016年4月に認定を取得された方は認定期間が、2016年4月1日から2021年3月31日となります。2021年3月までに更新申請を行ってください。2020年4月より2021年3月までの期間に4回/年開催される講習会のいずれかを受講し、異常所見検出トレーニングを済ませておく必要があります。

一つ前のページへ戻る
このページの先頭へ
HOMEへ戻る
Copyright(C) 肺がんCT検診認定機構 All rights reserved.